Top

Take heart and carry on, dear Team...
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
タグ:haven ( 3 ) タグの人気記事
若くないのに...
はい、私、本日何故か大阪におります。
仕事後新幹線で飛んできてしまいました、大阪に...。
もうー!我慢できなかったんだもーん!!
何とか開演には間に合いました。フゥ...。

おお、何か今日の方が熱いねぇ。
ゲイリーの拳の上がる頻度も高いねぇ。

途中ゲイリーのマイクの音が落ちちゃって、アクシデントとはいえ生声+ファンの声で
良い感じに大合唱がリアルに聴こえたり、
ゲイリーのギターにトラブル発生で復旧待ちのメンバーが
急にマイケルジャクソンの"Beat it"弾いてみたり(笑)
ゲイリーが声出ない瞬間があったり...細かい事言えば結構アクシデントはあったけど
そんな事関係ないくらい良いギグでしたよ。うん。

ちょっとね、メンバーと話す機会がありまして、その時ゲイリーがしきりに
「大阪はスペシャルなギグになるよ〜」って言ってたのね。
そんな事言うから余計に行く気になっちゃったんだけど(笑)
大阪終了後、そういえばどこがスペシャルだったの?と聞いてみると
どうも前回の大阪で(きっとサマソではなく単独の方ね)ゲイリー声の出が良くなかったんだって。
それをずっと気にしてて、今回は前回のお詫びも含めて絶対良いギグにしたいって思ってたんだって。
いや〜ん、泣かせる事言ってくれるわ〜。
以上、havenちょっと良い話でした(笑)

しかし...疲れた...。
[PR]
by makethisyourown | 2003-01-21 18:34 | music
アケマシテオメデトウ。
今日はhavenのギグでございます。
初回の来日はバッチリちゃんとチケットとったにも関わらず、仕事で泣く泣く行けず。
(過去の日記4月分参照)
私の初havenはサマソ大阪。
もちろんすごく楽しかったんだけど(過去の日記8月分参照)、
やはりフェスと単独とはちょっと違うので...って事で、ずっと楽しみにしてたの!単独!単独公演!
それがやっと今日です〜。うええええ〜〜〜い!!

もうとにかくhavenは生で聴くと本当に良いのね。
音源だけで聴くと、曲の良さとか、ゲイリーの声の良さとか
もちろんその辺りはきちんと実感できるんだけど、
一度ギグを見てしまうと、音源だけだとメロウ過ぎて物足りない気さえしてきちゃうほど。

絶対地元一回だけだと物足りないのは目に見えてたんだけど
どうしてもお金と仕事の都合で地元だけしか行かないって決めてしまいました。
が、しかし〜"Til the end"が終わった瞬間、
もう一度!もう一度この曲が聴きたい〜〜〜!!と半泣き。
とにかく私は"Til the end"が死ぬほど好きなのよ。
曲、歌詞、音、で、ゲイリーの声、もうどれを取っても最高。
もしhavenが物凄い駄バンドだったり、死ぬほどイケズな人の集まりだったとしても
この曲を作ったってだけの理由でも、手放しで好きって言える。
それほど私の中では重要な曲。
じゃあ"Til the end"だけ聴いてれば満足なのか?って、そんな訳はなく
"Til the end"とほぼどう位置につけているのが"Out of reach"。
この歌詞もさ〜〜〜胸にグッと来るんだよね〜〜〜〜〜〜〜〜。
どの曲にも言える事なんだけど、havenってメロディーに対して歌詞の乗せ方がものすごく良い!
上手く説明できないんだけど、メロディーの流れと歌詞の発音の兼ね合いが気持ちいいのよ〜。
だから聴いてても気持ちが良いし、自分もつい歌っちゃう。
でも普段仕事中とかは思いっきり感情こめて歌ってる歌詞なんだけど、
今日みたいなギグ中は真逆な気分の歌詞がひとつ。
"Out of reach"の"I'm wasting my time"ってとこ。
いや、普段の生活では無駄な時間ばっかりだけど、今、この時はウソ感情です!
私は音楽の為に無駄な時間を頑張って生きております。ええ。

そんでもって今回の驚きは、何と言っても新曲!
新曲本当にスゴイよ!
今までにないハードさっていうか、力強さっていうか。
今まさにレコーディングの最中なんだそうだけど、ものすごく次のアルバムが楽しみ。
またひと味違ったhavenになるよ、絶対。

ギグ始まってすぐ、ゲイリー時計もしてないのに腕をジッと見たと思ったら
「アケマシテオメデトウ」だって(笑)
あ、手の甲にローマ字で書いてあるのね。もう20日だけど、いいか〜。
ゲイリー拳を振り上げたり、ブンブン振り回したり、かなり楽しそうでした。
でも気になったのは、何をしてても顔が変わらない事(笑)
ポーカーフェイスなのね。フフ。
ゲイリー中尾彬もビックリのオシャレスカーフ巻いてるし、
おまけにナットまで黒いスカーフ着用。
何?havenスカーフブーム?

あああ〜本当に楽しかったわ〜。
もっと〜もっと見たい〜!!
[PR]
by makethisyourown | 2003-01-20 18:34 | music
サ〜マ〜ソ〜ッ!
ハ〜イ!サマソ当日で〜す!!ギャ〜!!
朝6時起きデース!
7時には友達と市内の駅で待ち合わせ。
せっかくのフェスなんだから、今日しかできないアホなカッコで行こう
と、本気でアホなカッコで行く事に(笑)
いや、自分達的にはキメキメで超イケてる気分だったんだけど
いざ会場に着いて、リストバンドを換える列に並んでみたら
浮いてるのなんのって!(笑)
あれ〜?

去年はindoorの方でもリストバンド換えてくれたのに、
今年は会場脇のテントに整列しないといけないんだそうな。
なんでやねん。
8時前には着いてたんだけど、それでも結構な人の数。
気合い入ってんね〜!...と言いたいところですが、並んでる人を見てみると
なーんだか街に買い物行くまんまのカッコにしか見えない人が大半。
だって手提げカバンにサンダルって、どーゆうことよー。
そんな私(プラス友達)も人の事言えないんですけど(笑)

開場は9時。
それまでにリストバンドを換えて、朝ゴハンも食べて
なんとかindoorの前に並ばなければ!と結構テンパる私。
いざindoorの前に着いてみると、物凄い列が!
もう一人の友達は2日通し券なので、リストバンド換える必要もなく
先に列に並んでてくれたんだけど、その友達はかなり早くから並んでいたので
一足お先に閉め切ってある扉の中に入ってしまった、との事。
もう今はその扉も開場時間まで堅く閉ざされて、その前には100人を超える
長蛇の列が。
ああー...もうこの人数では友達の元にはたどり着けそうもないし
最前列で見るのは無理か...でもなー!...とテンパりつつも、あきらめモードで列に並ぶ。
いざ扉が開いてインテックスの中に列が進み始める........と!
その列は何故かindoor stageの5号館とは反対側の1号館へ。
あれ?と思って列から飛び出して5号館へ向かってみると
会場の5号館の前に並んでるのは、ほんの10人弱...。
なんじゃこりゃ〜!(爆笑)
何の事はない、インテックスの扉の前に出来ていた長蛇の列の9.5割は
物販目当てで、indoor目当ての客ではなかった、と!
オイオイオイオイオイオイ、みんな何しに来てんねーん!(笑)
おかげで開場と同時に楽勝で最前列中央をゲット。
私のあのテンパりは無意味でした...。

会場に入って、とりあえず座って落ち着いて周りを見回してみると
...なーんか平均年齢が高い雰囲気が...。
プラス、普段ライブで見るような見なれた感じの人は少なく
大半はそのへんのOL見たいな感じ。
何だこりゃ?と思ってよくよく考えてみるとー...あーこれは
ソフトバレエのファンだ(爆)
まあ、いいか。私には関係ないし。と、この時は軽く流す。

開始トップはSKYLARKS。
名前がオモロいので(日本人的には(笑))パーキンソンズみたいなのを
勝手に想像していた私。
全然違うわ(笑)
この方達には「去年のコズミックラフライダーズ(だっけ?)と同じ雰囲気で賞」を
さしあげます。
(いらんって...)

ハイ!お次!
か〜な〜り〜楽しみでした!影のメインです!
VEX RED!!
このテのバンドは、吉と出るか凶と出るか、実際見るまでかなり心配。
しかーし!そんな心配はメンバーが出てきた瞬間にブッ飛ぶことに!
もう最高!私が嫌いだったら一体誰が好きやね〜ん!って位スキよー!!
アルバムかなり気に入って聴き込んでただけあって、かなり楽しく見れました。
もっとゴスっぽいかとも思ってたんだけど、なんのなんの!
かなりバンドの雰囲気もイケてますわー!
ギターは巨大キューピーと命名(笑)
ヴォーカルは演奏中は物凄いダークなオーラがかもし出されてるのに
いざMCし始めると「ミンナ トモダチダネ」だの何だの
CooperのBenもビツクリのキュート日本語炸裂!
そして手の振り方が以上に可愛らしくて、ルックスとのギャップにバカウケ。
もう、私、かなりハマりました。
これをきっかけに単独で来日とかしてくれたら、本気で嬉しいわ〜!

3バンド目。Relish。
申し訳ないけど、私のDNAにはこのジャンルは組み込まれておらず。
サワヤカな風で、しばしリラックス。

4バンド目。ソフトバレエ。
Relish終わった途端に、物凄い勢いで後ろから押され始める。
おいおい、まだ当分出てこねーってば。
後ろではアイドルのコンサート並みに(行った事ないけど)ワーキャー言う声が。
この時の私、かなり機嫌が悪くなってたと思われます。
ソフトバレエが出てくると、もうこれはサマソとちゃうやろ、と。
アイドルの再結成懐かしコンサートは、自分で会場用意して勝手によそでやってください。
って感じ。
クリマンの選択を恨む。

5バンド目!haven!!
案の定ソフトバレエ目当ての集団は速攻退場。
そのかわり、haven→hives目当ての方々と総入替えでギュウギュウに。
いやぁ、havenのためだったら、押されようが何だろうが平気よ〜。
恥ずかしながら初haven。
私に「想像以上にロックよ」と教えてくれた友達も横で一緒に見てます。
うー楽しみ!
始まったら、とにかく演奏の太さとゲイリーの声の響きに大感動!
これぞ正当派UKバンド!って感じ!
ゲイリー、何故かマイクに半身。そして意外にもワイルドな(?)ガニマタ(笑)
生で聴くゲイリーの声はCDとは比べ物にならないくらいの"こぶし"っぷり。
前回の単独公演に行けなかった事を今さら痛感...。
でもいいわ!ちゃんと見れたし!
メンバーが終止フレンドリーな雰囲気全開でホノボノしつつも
いざ音が出たら迫力に圧倒。
まだ全然新人さんなんだよね〜。
いやいやどーして、音の厚みには確固たるhaven色が確立されてるわよ!
見てるこっちもついつい感情移入してデカイ声で歌いまくってしまいましたわ。
これがまた気持ち良いんだなー!!
特にTil the end!名曲中の名曲!!
全然関係ないところで面白かったのが、フとステージの袖を見ると
VEX REDのヴォーカルとギターの巨大キューピーが
かなり熱心に見入ってました。
一曲終わるごとに、かなりな勢いで拍手してたりして(笑)
やってる音楽は違っても、良いものは良い、と。

そして出ました6バンド目!
THE HIVES!!!
東京とハシゴする予定の935ちゃんと一緒に見たかったのに
全然電話も繋がらず、連絡取れず。
オマケにhaven終わったら明らかに押され方も変わってきました。
あの曲調のhavenでさえ、ダイブやモッシュはなかったものの
かなり押され続けてたからねー。
さあ!HIVESデスわ!
もう出てきた瞬間から、私の血管がブチブチ切れまくり。
そんでもって私の見てた位置が、かなりなペレスポットで
ことあるごとにペレが私の目の前に!!
指差された瞬間、マジで失神するかと思ったわ!
もう、ゴメンなさーい!ってくらいマジ悲鳴上げっぱなし。
またペレが煽るの上手なもんだから、ついつい〜。
途中「Pelle!I LOVE YOUー!!」と勢い余って叫んだら
ペレ、「みんなオレが好きかー!」とか言い始めるし(笑)
最高、あの人。
HIVESって言え〜!とか、ね(笑)
余りにもコーフンしすぎて、全然メンバーステージにいるのに
ついつい"WE WANT MORE"コールしてしまったし...。
またそれをペレが喜んでくれてたから、私、憤死。
投げキッスされた時点から、記憶がございません(爆)
終わった後、かなり、ポカーン....って感じでした。ハイ。
後から冷静に考えて思ったんだけど、この時私の前にいた
セキュリティーのお兄ちゃん、かなりダイブ受け止めるのが上手だった!
かなりな勢いでダイブ降ってきてたけど、全然カスりもしなかったもん。
スゴイぞ!兄ちゃん!
こんな人がフジにいてくれたら、怪我せずに済むんだけどな〜。

お次は7番目。ハノイロックス。
まだ続いてたんですか?それとも再結成ですか?
まあ、そんなことは良いとして。
マイケルモンロー、かなりイケてました。
曲一曲も知らないんですけど(笑)、単純に見てて楽しかったわ〜。
ただ、ソフトバレエ同様、ファンはかなりイタかったけどね(爆)
ハノイの最中、舞台袖でかなりいろんな人が見てました。
HIVESさん達も熱心に見入ってましたよー。
例の名前入りのTシャツ着てね(笑)

そして大トリ、最後8番目。
SUEDE!!
正直言って、新曲にはあまり期待も持てなくって
最新の写真を見る限りではブレットはどうしてしまったのか...と
頭に浮かぶのは不安ばかり。
一足お先にUKでのFAN CLUB GIGを見た友達によると、
あのフィットネスボディーに金髪で1stの曲も歌っちゃうそうな。
ううーん、それってどうなん???
始まって1、2曲目までは、ハッキリ言って、ちょっともうアカンかなー...
と思いたくなくても思ってしまう私がいたりしたんだけど
曲が進むに連れて、違う!楽しいぞー!楽しくなってきたぞー!に気分が変換!
metal mickyなんてやられたひにゃ〜!
一緒に行った友達3人でギャ〜〜〜!の連発(笑)
もう、メンゴ、ブレット。
疑ってメンゴ!
やっぱかっこいいわ〜!!
それにブレット、いつになく満面の笑顔!
もうコレにはsuede歴の長いワシらもビツクリ。
昔とは明らかに変わっては来てるけど、違うオーラがビシビシ。
Film starの時に気分は最高潮!
でもって聴きたい、聴きたい言ってたSo youngが始まった時は
もう思わず泣いてしまったわ〜!!
ラストのSaturday nightではもっと泣いてしまったし(笑)
感動したんだよ〜本気で〜。
やっぱ良いバンドは良いのよ!
(意味不明)

suedeが終わって憔悴してステージから出たら、そこには全然連絡取れなかった
935ちゃんが!
もう〜絶対会えないかと思ったー!
J-phoneってフェスには不向きね...。

メインのoutdoor stageの前を通って駅まで歩く途中、丁度ガンズがスタート。
火柱ガンガン立ってましたな。
メインなのに入場制限かかってたんだってね。
みんな好きなのなー、ガンズ。
駅までダラダラ歩いてると、偶然フジの時に知りあったコたちと再会!
もう本当ビックリした!
偶然ってあるのね〜。

結局会場から最後までindoor stageにカブリつき。
位置も全く移動せず、一度もトイレにも行く事もなく(笑)一日が終わりました。
あああああ〜!!楽しかった〜〜〜〜!!!
[PR]
by makethisyourown | 2002-08-18 16:38 | summer sonic