Top

Take heart and carry on, dear Team...
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ:LONDON ( 4 ) タグの人気記事
旅行の写真
http://www.flickr.com/photos/yummydangerous/
日記に先駆けて、写真だけアップしてみました。
なんか順番がグチャグチャなのもあり...でも直してません。デヘ!
[PR]
by makethisyourown | 2007-11-08 23:00
さよならフィンランド!
普段の生活ではありえないくらい毎朝シャッキリ目が覚める。
まだ若干時差ボケ気味。
ここ数年の私の時差ボケっぷりったらヒドいです。
昔はそんなことなかったと思うんだけどなぁ。
現地時間に素直に順応してた気がします。
え?てことは素直じゃなくなったってこと?
...なーんて考えつつ、また早朝に閉まりの甘いカーテンのシャワー室へ。
今日はもうフィンランドとお別れする日なのです。
最初は単純に乗換え地でしかなかったフィンランド。
まさか滞在してみたらこんなに楽しいとは!
でもたった3泊しかしてないし、
3泊っていっても丸っと使えたのは2日だけだから、すぐ終わっちゃったよ。
シャワーを浴びながら、ホント早かったなぁ〜と哀愁に浸ってみる。
意外と几帳面な私は(注・旅行中に限る)、
今日着る服や朝使う化粧品類を除いてはすでに荷造り済み。えら〜い。
なので朝することと言えば朝食を食べに行くことのみなのでした。
今日もまた固いパンに弱いアゴで立ち向かい、若干薄いコーヒーをガブ飲み。
そうそう、
コーヒーといえばフィンランドってコーヒーの消費量世界一なんだってね。
カフェイン中毒の自分にはたまりませんな。
でもコーヒー消費量世界一の割には、そんなにカフェ多くなかったな。
きっと名古屋の方が喫茶店多いぞ(笑)
あ〜、あと、スタバを1件も見かけず。
いやいや、決してスタバ信仰者でも何でもないんだけど、
右も左もわからない国でチェーン店ってノーガードで入れるじゃないですか。
味もわかってるし、ありがたい存在なんだよね。
今まで行った国にはバカスカあったから、あれ?ないの?って気になっちゃって。
良く考えたらあって当たり前って考えの方がおかしいか〜。
マクドはもちろんあったよ。高かったから入らなかったけど(笑)

今日のロンドン行きの飛行機は午後4時発。ホテルのチェックアウト時間は12時。
歩き回るのはハナから諦めて、チェックアウトギリギリまでホテルにいて、
あとは空港で時間をつぶせば良いか。
...と考えがまとまったものの、朝食終わった時点でまだ朝9時。
いくらなんでも時間ありすぎるし、部屋ですることがないのでホテル周辺を散策。
ホテルの目の前がヴァイキングラインのフェリー乗り場で、
この乗り場が部屋の窓からずっと見えてたの。
気になってたので最後に近くまで寄って船をシゲシゲと眺めてみる。
でも乗降りしてる人が結構な数いて、逆にスゴく見返されるので早々に撤退(笑)
フェリーの旅ってちょっと憧れるわ〜。フェリーで北欧各国周遊とかね。
でもフェリーって酔わないかな?デカいから酔わないか。
ホテルの周りはどうもアパート群っぽいです。あと、港だけあって倉庫多いね。
残念だったのが、アアルトのデザインした建物がホテル近くにあったんだけど
工事してたのかビル全体に覆いがかかっちゃってたんだよね。うう〜。
あんまり歩き回っても疲れちゃうから、散歩はほどほどで終了。
また荷物持って移動しなきゃいけないから、体力残しとかないとね。
(散歩程度で激減する私の体力って一体...)
12時ぴったりにフロント行ったら混んでるだろうと思って、
早めの11時過ぎにチェックアウトしに行ったんだけど、既に混んでました。
あらら〜。
でも良く見たら、ここにたまってる大勢は全てお連れさんっぽいぞ。
あ、お母さんらしき人がカードキー徴収しだしたぞ。団体決定か。
それにしてもすごい大人数の団体だ...と思って後ろに立ってたら、
お先にどうぞと譲ってくれたわ。あら、ありがとう〜。
団体さん以外にも数組いたんだけど、チェックアウト済んでホテル出たら
みんなそろってホテル前のトラム乗り場へ。
良かった〜大荷物の人が沢山いたら、慌てて乗らなくても良いし、
モタモタして恥ずかしい感が薄れるぞ。(ヘタレな私)
前日の下調べのおかげで、無駄に距離歩かなくても良かったし、
空港までのバスが出てるバズ停もわかってたから、空港まであっという間。
ヘルシンキに着いた時の苦労がいかに無駄骨だったか思い知りました(笑)
こうやって人は学習していくのよ。ええ。
バスの中から最後にヘルシンキの景色を眺めてみる。
相変わらず看板や標識の文字は理解できず。
次回来る時は、少しでも理解できるようにフィン語を勉強したくなりました。
っていうか、しないとまた次回も困るよな、と。
ヘルシンキから出て空港か近くなるにつれて木が多くなってくるんだけど、
今回のフィンランドで強く残ったのは、やっぱり針葉樹林だなぁと再確認。
白樺を見て「しらかばぁ〜あおぞ〜ら...」とつい心の中で唄い出してしまうのは
悲しい日本人の性なんですが(え?私だけ?)、
森にしても街中のちょっとした林にしても、とにかく白樺が多いんですわ。
だからもう、ことある毎に千昌夫が唄い始めて大変でした。
総合するとフィンランドの想い出が千昌夫ってことに...ならないよ!(笑)


c0121857_13245237.jpg
空港に着いたのが1時ちょっと前。飛行機は4時発。
私の中で勝手に国際線のチェックインは2時間前って思い込んでたんだけど、
まず空港着いて掲示板見たら、もう私が乗る便のカウンターが出てるじゃないの。
え?もうできるの?と恐る恐るカウンター行ってみたら普通にできました。
良かった〜これでデカい荷物持ってなくて済んだよ。
主要のお店は全部手荷物検査済んだ中にある様なので、まず手荷物検査を済ますか、と荷物をベルトコンベアに乗せてたら職員の人がやたら話しかけてくる。
でも〜
あの〜
私みたいな「ザ・アジアン」にフィン語で話しかけないでください...。
結局質問は「荷物の中にハンドクリーム入ってないか?」でしたが、
液体関係の確認なんだろうけど、何故ハンドクリーム限定?!(笑)

そういえばフィンランドでのお土産らしいお土産をまったく買ってなかったので、
ベタ〜なお土産を買いまくってみる。
本当はトナカイ肉の缶詰とか、シャケ一匹とか買いたかったんだけど、
泣く泣く自重しました(笑)
一通り必要な買物も済んだら、お次ぎは空港探索です。
空港好きなんだよねぇ〜!
とにかく隅々まで歩き回ってやろうと思ったら...空港が狭過ぎてすぐ探索終了。
ヴァンター空港は小さい小さいとは聞いていたけど、私の予想を上回る小ささ!
仕方ないのでコーヒー飲みながら残り時間マッタリしてました。
...が!
あれ?でもちょっと待てよ...私が乗るのは国際線だよね?
まだ私パスポートコントロール抜けてないよね?と気付いたのですよ。
でももうこの先はゲートしかないはず...とゲート方向を見たら
視界の中にジミ〜〜〜に窓口が。え?そこ?そんな地味さ?
なんか今までいった空港だと、もっと早い段階でパスポート出してた気がしてたぞ。
そして良く考えたらストップオーバーって初めてだから、
自国と最終目的国以外で出国手続きってしたことないんだよね。
一体何を聞かれるのか本気でビビッて係の人を凝視してたら、
チラッと顔の確認で目が合っただけで「kiitos」とパスポート返却。
え〜、終わり〜?ビビり損〜。
入る時も出る時もフィンランドはやさしかったね。うん。
どこぞの国も見習ってくれよぅ!
まぁ、この後に、その「どこぞの国」の恐怖の入国審査が待ち受けてるのですが。

今日乗る飛行機はフィンエアーとBAとAAのコードシェアでした。
ゲートに飛行機直結じゃなくて、飛行機の側までバスで移動して搭乗。
行きの名古屋→ヘルシンキ便と違ってギュウギュウ満員でしたよ。
機体はA321。座席は3・3。
ヘルシンキ→ロンドン間は実質3時間弱くらいかな。
でも時差があってロンドンがマイナス1時間なので、時計上はスゴい短時間の移動。
そうそう!
時差で思い出したんだけど、ちょうどこの日がサマータイム終了だったの!
夜のうちに1時間戻ってた訳なんだけど、この切り替えの日に重なったの初めてで
朝起きて一体どの時計が正しい時間なのか混乱しましたわ〜。
テレビ見て、これで間違いないだろうと自分の時計は変えといたのに、
空港行くまでに目に入る時計で変えてないのも結構あって、
時計が目に入る度に不安になったりしまして大変でした。
時間間違えて飛行機乗り損ねたりしたら死ぬ!と思ってね(笑)


飛行機が離陸する頃雨が降り始めてドンヨリしてたんだけど、
雲の上に出たら雲が夕日で赤く染まって、本当にキレイな景色でした。
c0121857_13252253.jpg
c0121857_1325975.jpg
しかしこの機内食の殺傷能力ったらなかったわ...。
いかに今まで乗った飛行機会社の機内食がイケてたか思い知りました。

短距離便でもご飯も出たし、ご飯食べて(食べてないけど)雲見てボケーっとしてたら
あっという間にロンドン到着。
ロンドンは雨で雲が厚く、そろそろ着陸とアナウンスが流れて
シートベルト着用のサインが点灯しても、まだまだ雲の中。
いつもは、イギリスの陸地が見えてオー!となって(単純)
テムズ沿いにロンドンに近づいていく景色を見てテンションが上がってくるのに、
今回は雲が切れて景色見れた!と思ったらもう滑走路...。
今回は初めて使うターミナル1に到着。やっぱり1は小さめだね。
無事ロンドンに着いた到着感があるものの、入国審査に近づくにつれてド緊張。
入国カードを書く手も震えるっちゅーの。(大げさ)
なんか毎回いらんことを質問してくるイギリスの入国審査。
誰かと一緒だとそうでもないんだけど、1人の時の質問攻め具合ったら...恐怖ッス。
超ドキドキしてたんだけど、いざ順番が来てカウンターに近づいていったら
職員同士がおしゃべりしてて(しかも爆笑中)私への質問はお決まり質問のみ。
こんなに簡単にスルーできたの初めてちゃうか...。
今後も職員の私語大歓迎です。
入国審査が済んだら、お次の難関は荷物。
ロストバゲージだけは勘弁してくだちゃ〜い!と念力かけながらターンテーブルを
睨みつけてみる。
とても睨みつけていても出てこない。
かなり睨みつけていても、まだ出てこない。
後から来た人が、どんどん先に荷物を持って出口に向かっていく。
でも私の荷物は出てこない。
途中何度も「この荷物どこ発のやつ?」と聞かれる。
そして何度も「へるしんき」と答える。
ワシは係員ちゃうで!てな回数聞かれてるのに、その間も荷物は出てこない。
チェックインしたの早かったから、めっちゃ奥に荷物積まれてるんやって。
だから出てくんの遅いねん。
と、いろいろ理由を付けて気を落ち着けようとしてみるが、すごく心配。
若干悟りが開けてきて、
フアンフアンファンファンファ〜〜〜〜ン(効果音付)と、頭の左斜め上に
「荷物が出てこなかった場合」のシュミレーションを始めた矢先に荷物が視界に!!
出てきて当たり前の物を見て、こんなに嬉しかったのは初めてです。
っていうか出てくんの遅すぎんねん!ビビらすなや!
ターンテーブルの周りワシと2、3人しかおらんやんけ!コラァ!
...と、フィンランドで和んだ心が一気に元に戻ってしまったのでした。あ〜あ。

空港には友達が迎えに来ててくれました!きゃ〜ありがとう〜!
迎えにきてくれて、一緒に地下鉄で宿泊先までついてきてくれたのに、
残念ながら今日はすぐ解散。ごめんね〜。でもありがとう〜。

今回の宿泊先は前回と同じswiss cottageなんだけど、違う部屋。
4人部屋のドミトリーです。
swiss cottageの地下鉄の駅で宿泊先の方と待ち合わせして、
部屋まで案内してもらうって手筈だったんだけど、
部屋の入ってる建物が本当に笑けるくらい駅前。こりゃ便利。
(地下鉄使わないけど(笑))
荷物をバラして、やっとパソコンもネットに繋がって、
慣れてる土地について安心したのか、この夜はバタンキューでした。

さよならフィンランド!
よろしくイギリス!
[PR]
by makethisyourown | 2007-10-28 21:28 | FINLAND
ブリットガール!
c0121857_19121284.jpg

今日買った流行通信のブリットガール特集、オモロかったわ〜!
載ってるお店とかクラブとか見ると、行きたくなるね、ロンドンへ。
年内にロンドン行く予定ができたっぽいので、その為にもちゃんと働こ〜っと。
ああ、TOPSHOPで服を調達したい...。
モデルの特集に魅かれて買ったら、違うところでテンション上がってしまった。
最近可愛いモデルが多くて、見てて楽しいぞ!
でもアギネスはちょっとニガテなんスよね...。だってマユ毛黒いし。(←そこ?!)

そういえば、MUSEの食中毒事件ってどうなったんだろう?
集団食中毒なんて...かわいそうに〜。
なんだか、そのお食事のケータリングを請負ってたお店に、
脅迫状を出したアホなファン狂信的なファンがおるらしいですなぁ。
しかも殺人予告(!!)も含まれてて、しかもしかも複数(!!)って。
そんなことしてもメンバーの体調が良くなる訳でもないのに...。
最近TVでスパイダーマンのCMをすごい見るんだけど、
その度にドム兄さんを思い出してしまって大変です(笑)
早く良くなってねぇ〜。
[PR]
by makethisyourown | 2007-05-14 19:34 | LONDON
無用の長物
ELLEジャポンを買いました。
ジャパンじゃなくてジャポン。
ちなみにVOGUEはニッポンね。どーでもいいか。

何で買ったかと言うと、ELLEはロンドン特集でしたー。イエー!
どんな雑誌でもロンドン特集だとつい買ってしまうのね。
でも...それを実際ロンドンで広げたことはナイ!(笑)
だって、あーゆう特集に載ってる店とかって高いところばっかりなんだもん。
若かりし頃の私は、ロンドン行ったらココ行って〜ココも行って〜って
ガイドに丸うったものですが、今では
うわっ!高っ!ヤッピーすぎるでココ、とか、こんな服買えるかい!ボケ〜!
ボヤきながら見ております。
物価高いのよ、ロンドン。
泊まるところも高いし、服も高いし、アルバムかって安くないし...。
...でもスキ(笑)
だってギグは安いんだもんー!!
[PR]
by makethisyourown | 2002-07-09 16:14 | LONDON